診療科

脳神経外科

 脳神経外科とは、脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患の中で、主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断、治療を行う診療科です。日本の脳神経外科は、外科治療に特化した欧米の脳神経外科とは異なり、脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷から脊椎・脊髄疾患、小児神経疾患や機能的脳疾患などを対象に、診断、検査から手術、放射線治療、血管内治療、薬物治療、理学療法などの治療、予防まで非常に広い分野を担当しています。

※一般社団法人 National Clinical Database (NCD) の手術・治療情報データベース事業への参加について

特長

当科の特長

 救急診療に力を入れています。救急では主に脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)や頭部外傷を担当しています。一般外来では脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患、認知症、機能性頭痛などの診療を行っています。緊急時は速やかに入院できる体制を整えており、専門医がチームで治療にあたります。治療は薬物療法と手術療法から最適な方法を選択します。手術は開頭手術だけではなく、血管内治療も行っています。院内に専門科が充実しており、神経内科、循環器内科、放射線科、リハビリテーション科などと連携して治療を行います。

主な疾患と治療

【脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)】
 血栓溶解療法(t-PA 静注療法)、機械的血栓回収療法、減圧開頭術、血管吻合術、頸動脈内膜剥離術、
 頸動脈ステント留置術、開頭血腫除去術、定位脳内血腫除去術、動脈瘤頸部クリッピング術、動脈瘤コイル塞栓術、
 水頭症手術、経皮的血管形成術


【脳腫瘍(良性脳腫瘍・悪性脳腫瘍・転移性脳腫瘍)】
 開頭腫瘍摘出術、生検術、放射線療法、化学療法


【脊椎・脊髄(変形性脊椎症・椎間板ヘルニア・脊髄腫瘍)】
 頸椎前方固定術、椎弓拡大形成術、腫瘍摘出術


【外傷(頭蓋骨骨折・頭蓋内出血・脳挫傷・脊椎脊髄損傷)】
 骨折修復術、開頭血腫除去術、減圧開頭術、頭蓋形成術、慢性硬膜下血腫手術、脊椎手術


【老化・認知症(正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫)】
 正常圧水頭症シャント手術、慢性硬膜下血腫手術


【機能的疾患(機能性頭痛・顔面痙攣・三叉神経痛)】
 薬物療法、顔面痙攣・三叉神経痛微小血管減圧術


【炎症性疾患(髄膜炎・脳炎・脳腫瘍)】
 水頭症手術、脳膿瘍手術


診療スケジュール

 
朝診 9:00-12:30 1 井上 三橋 交代制 交代制 井上 交代制
(受付12:00迄)
2 幸地 鶴田 - 幸地 永田(崇) -
昼診 14:00-16:00   脳血管内
治療
(予約)
三橋
- - - - -
夜診 18:00-20:00 1 - - 下竹 - -
2 - - - - - -

(2017.8.1.現在)

担当医師のご紹介

【部長】
井上 剛
いのうえ つよし

日本脳神経外科学会専門医・指導医

日本脳神経外科学会近畿地方会評議員
大阪市立大学非常勤講師

【脳血管内治療科 部長】
三橋 豊
みつはし ゆたか

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

【副部長】
永田 崇
ながた たかし

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

大阪市立大学臨床准教授

鶴田 慎
つるた しん