診療科

皮膚外科

主な対象疾患・治療法・検査法

当科において可能な検査

  1. 病理検査(皮膚生検)
  2. パッチテスト
  3. 皮内テスト
  4. 光線過敏テスト
  5. アレルギー(RAST等)採血
  6. 真菌検査

当科で行っている治療

  1. 一般的な皮膚科治療
  2. 漢方薬
  3. 光線療法(PUVA)
  4. 皮膚外科手術(レーザ治療を含む)
  5. 重症疾患については入院治療

AGA治療について

男性型脱毛症に有効な内服薬が発売されました。 思春期以降に額の生え際や頭頂部から毛が薄くなっている男性に適応の薬です。 男性型脱毛症はホルモンの一種のDHT(ジヒドロテストステロン)が作用して毛が薄くなってしまう のです。プロペシアはDHTの産生を抑えて、抜け毛の進行を遅らせるために効果があります。

したがって、治療は抜け毛の進行を遅くし、現状を維持することであり、抜け毛が減ったかどうかが大切です。 価格は28日分が10,000円(消費税別)です。保険外で私費となります(診察費込み)。 当院にて4月から処方できるようになります。

医薬品ですので、診療をされてから処方をお出しします。 気になる方は一度皮膚科にご相談ください。

AGA薬品・内容についてはこちらのHPも参照してください。


掌せき膿疱症の治療

当院では「local bath PUVA 療法」を行っております。
15分ほど症状のある部分を薬品の入ったお湯につけた後、紫外線を照射します。
治療に痛みなどはまったく伴いません。
紫外線を照射することにより、皮膚のかゆみ、発赤が軽減します。
回数は1週間に一度です。一度御相談ください。