診療科

麻酔科

麻酔とは 手術中、患者さんが痛みを感じないように、また患者さまの生命を守り、手術を無事に終わらせ、さらに手術の後の経過を順調にすることが目的です。 麻酔科の仕事 各科の手術の際に麻酔をかけますが、手術の1ー2日前には麻酔をかける時に注意が必要なお薬を飲んでいないか,また特殊な病気をお持ちでないかなど、お話 を伺い、患者さまの全身状態を把握して麻酔の方法や使用する麻酔薬を決めます(術前診察)。その後、麻酔の方法や手術前に守っていただく事柄(絶食/絶 水)、手術室に行く前に使用する薬(前投薬)の説明を行います。 手術中は患者さんが痛みを感じないように、また手術に伴っておこる出血やその他の出来事に早く対処して、安全に手術が終了するように努めています。 手術が終わった後も、呼吸状態や心臓、腎臓の状態などの観察のため、また痛みがコントロールできているかを診察にお部屋まで伺います(術後診察)。


特長

当院における麻酔の使用について

  1. ほとんどの麻酔において、新しい静脈麻酔薬であるプロポフォールや吸入麻酔薬のセボフルランなどを用いた麻酔で早く麻酔がかかり、また早く、快適に麻酔がさめて、できるだけ早く元の状態に戻り、家族の方とお話ができるような方法を選択しています。
  2. 症例に応じて硬膜外麻酔を併用し、手術中だけでなく、手術後も精密持続硬膜外注入装置を使用し、手術後2日間程、痛みを和らげる方法を取り入れています。

麻酔のお話


担当医師のご紹介

【部長】
河嶋 朗
かわしま あきら

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本心臓血管麻酔学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医

関西医科大学臨床教授

【医長】
呉本 善聡
くれもと よしと
田中 素成
たなか もとなり
棚田 和子
たなだ かずこ

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医