診療科

麻酔科

麻酔の種類

全身麻酔 通常は眠るお薬を静脈から注入して意識をとります。その後、気管の中に管を通して(気管挿管)、その中に酸素や麻酔のガス(笑気,吸入麻酔薬)を流して人工呼吸を行う方法と、顔(フェイスマスク)や喉の奥にマスク(ラリンジアルマスク)をあてて同様に酸素や麻酔のガスを流す方法があります。手術中に意識はありませんので、痛みも感じません。
脊椎麻酔 腰椎(腰の背骨)の隙間から細い針を刺して脊髄液の中に局所麻酔薬を注入し、下半身に直接、麻酔を効かせますので、この麻酔単独では回りの様子が分かったり、声は聞こえます。
硬膜外麻酔 これも背骨のすきまから針をさして行う麻酔です。この麻酔単独では回りの様子が分かったり、声は聞こえますが、硬膜外腔という脊髄の外側の腔に細いチューブを入れ、そこから局所麻酔薬や鎮痛剤をいれますので、途中で麻酔が切れることはありません。さらに、手術後もこのチューブを使用することにより、傷の痛みが軽くなります。全身麻酔と併用することが多いです。
局所麻酔 手術をする局所に麻酔薬を注射して、その場所の神経を麻痺させることにより痛みをとります。


麻酔に使うお薬の種類・全身麻酔に使用する薬


手術の種類と麻酔法

手術の種類および麻酔科医師による手術前の患者さんの診察の結果や、患者さまの手術前の検査結果、身体の状態によって、患者さまに適した麻酔方法を選んだり、組み合わせたりします。
例えば、卵巣や子宮、胃や腸のようなお腹を切る手術の場合は全身麻酔と硬膜外麻酔を組み合わせます。下半身の皮膚表面や骨の手術などは硬膜外麻酔や脊椎麻酔だけでも手術は可能です。できる限り、患者さまのご希望に沿うようにしますが、血液が固まりにくくなるようなお薬を飲んでいたりすると硬膜外麻酔や脊椎麻酔が出来ないこともあります。

また、手術前の患者さまの全身状態によっては全身麻酔よりも局所麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔単独のほうが手術後の全身に与える影響が少ない場合もあります。
さらに、麻酔薬も患者さまの現在の体の状態や、これまでかかった病気によって患者さまに適したお薬を選びます。 下に一般的な麻酔方法の例をあげます。成人の方の麻酔方法で、小児の場合は全身麻酔単独で行うことが多いです

脳外科 全身麻酔が多いが,手術の内容や患者さまの状態によっては局所麻酔で行うこともあります
心臓外科 全身麻酔
呼吸器外科 全身麻酔が主であるが、硬膜外麻酔を併用することもあります。
外科 手術部位や手術内容により全身麻酔単独、全身麻酔と硬膜外麻酔(脊椎麻酔)併用、局所麻酔などを行います。
整形外科 手術部位や手術内容により全身麻酔単独、全身麻酔と硬膜外麻酔(脊椎麻酔)併用、局所麻酔などを行います。
婦人科 全身麻酔単独、全身麻酔と硬膜外麻酔(脊椎麻酔)併用の場合があります。
耳鼻咽喉科 手術の内容により全身麻酔と局所麻酔の場合があります。
泌尿器科 手術の内容により全身麻酔単独、硬膜外麻酔か脊椎麻酔単独の場合、硬膜外麻酔か脊椎麻酔に全身麻酔併用の場合があります。
形成外科 手術部位や手術の内容により全身麻酔、局所麻酔の場合と、下半身の手術であれば全身麻酔と硬膜外麻酔(脊椎麻酔)併用の場合もあります。
眼科 ほとんどの場合は局所麻酔です。


麻酔の副作用、合併症と予防法

全身麻酔 気管挿管(気管の中に管を通す)に伴う合併症として声帯の炎症等に伴う嗄声(声がかすれる)や声が出しにくい、さらに手術後に咳や喀痰が出やすいなどが一般的です。ただし、これらは普通、,手術後2~3日でおさまります。これは特に、手術前にタバコをすっている方や風邪ぎみの方で起こりやすいでしょう。歯槽膿漏虫歯などで歯茎が弱っていたり、差し歯などがあると気管内挿管に伴ってこれらの歯の損傷が起こることもあります。非常に希な合併症として悪性高熱症という病気があります.これは麻酔中に急激に高熱が出て、体の筋肉が堅くなり、不整脈が発生し最悪の場合は命に関わることもあります。しかし、この病気は体質的(遺伝)に発生しやすく、手術の前に患者さんから十分お話を聞くことや血液検査などである程度予測することができます。
脊椎麻酔 比較的起こりやすいのは頭痛です。これは脊髄液の圧が下がることによりおこるとされています。通常は安静(手術後にあまり頭を動かさない)と点滴でおさまります。麻酔の効果(下半身がしびれる)はお部屋に帰って数時間でとれてきますが、非常に希に足の麻痺やしびれがとれないこともあります。
硬膜外麻酔 副作用ではないですが、硬膜外腔のチューブから局所麻酔が入っている間およびチューブを抜去してもその効果がきれるまでは、多少しびれ感や足の力が入りにくいことがあります。非常に希な合併症としては感染(チューブの入っているところからバイ菌が入って化膿する)や、チューブが抜けなくて体に残ったり、足の麻痺やしびれが残ることがあります。

以上の副作用や合併症は手術前の血液検査や診察,患者さんからのお話を聞くことにより、さらに麻酔の方法や使用薬剤を選ぶことによりほとんどの場合は避けることができますので、ご心配はいりません。但し,安全に麻酔や手術を行うためには、以下に書いてある注意を守っていただくなど、患者さんの協力も必要です。

  1. タバコは肺や心臓に害を与えます。喫煙者は手術中や手術後に痰が増えたり、新たな病気を引き起こしやすいので今すぐ禁煙してください。タバコは手術の前2週間止めることにより、手術後の咳や喀痰が軽くなると言われています。さらに手術後の気管支炎や肺炎の予防にもなります。
  2. 麻酔を始める時に胃の中に食物が残っていると、麻酔がかかって意識が無い時にもしも嘔吐すると、それが肺に入り、窒息や 肺炎を起こします。これを防ぐために手術の前には一定時間、何も食べたり飲んだりしないでください(手術の前に看護師から連絡があります)。
  3. 手術室に入る時には入れ歯、眼鏡、コンタクトレンズ、指輪、ヘアピンなどをはずし、マニキュア、お化粧は落としてください。

患者さまの健康状態と麻酔

  1. 患者さまご自身が現在服用しているお薬について 副腎皮質ホルモン、血圧を下げるお薬、血液を固まりにくくするお薬、精神安定剤、その他
  2. 患者さまご自身が現在治療中、あるいはこれまでにかかった病気について 心筋梗塞、狭心症、高血圧、筋肉・神経疾患、腎臓、肝臓、喘息(ぜんそく)、甲状腺の病 気(バセドウ病)、糖尿病、てんかんや痙攣、緑内障(そこひ)、アレルギー、鬱(うつ)病 など精神的疾患、その他
  3. 患者さまご自身やご家族(血縁のある)の健康状態
    ・患者さまご自身が以前受けた手術の麻酔で高熱が出たり、危険な状態になったことがある
    ・患者さまと血のつながった方で以前手術を受けた時に高熱などの異常があった
    ・筋肉の病気を持っている(筋ジストロフィーなど)
    ・特異体質、アレルギー、アトピー、ゴム製品の使用で発赤、かゆみがあるなど

1-3までで該当する事柄がありましたら、必ず主治医の先生および術前診察に伺う麻酔担当医に申し出てください。
手術当日、お熱(37.5度以上)が出たり、風邪症状( 鼻水、咳、痰)があれば麻酔を中止することもありますのでご了承ください。

麻酔の今・昔

最近の医療事故のニュースを見聞きされ、手術や麻酔を受ける方は不安を感じていらっしゃることでしょう。
麻酔とは手術中に患者さんが痛みを感じないように、また手術に伴って生じるさまざまな有害反応を抑制し、手術経過を順調にすることが目的です。身体中のほとんどの皮膚、臓器には知覚神経があり、何らかの刺激を受けると神経が興奮し、その興奮が脊髄などを通って脳に達して痛みの感覚になります。その興奮をどこで遮断するかにより、麻酔方法が違います。
約30年前あるいはもっと以前の麻酔というのは、後述するように少々恐ろしいものでした。しかし,この間の医療分野、その中でも麻酔の薬剤、器具、測定機器などの進歩はめざましく、それに伴い麻酔方法も変化しています。

昔は麻酔科がある病院はわずかで、あっても手術の麻酔のみ行っていました。しかし、今は手術の麻酔以外に、痛みで悩んでいる方を専門に治療するペインクリニック、合併症を持つ患者さんの集中治療を行う部門など、麻酔科が活躍する場所も増えています。ここでは手術の麻酔に関する最近の話題を述べます。

麻酔器具の開発

長時間の全身麻酔では気管の中に管(気管挿管チューブ)を通し、手術中は人工呼吸を行って管理します。短時間の手術の全身麻酔ではこれまでは顔にあてたマスク(フェイスマスク)を左手持ち、換気するためにゴムのバッグを右手でおすしかありませんでした。約20年前に英国でラリンジアルマスクという器具が開発されました。これは気管の中までは入れず、声帯の手前に挿入して呼吸させることができます。フェイスマスクと比べて持たなくて良いので麻酔科医の片手があき、しかも気管挿管に伴う嗄声や歯の損傷などの合併症も避けられるます。当院では手術内容によってラリンジアルマスクを全身麻酔に応用しています。

監視装置(モニター)の発展

以前は全身麻酔中に気管挿管チューブが折れたり、人工呼吸器の接続がはずれたりしてもチアノーゼが出て、心臓が止まりそうになるまで気づかれないことがありました。また手術中に体温が非常に下がって麻酔から覚めにくかったり、逆に悪性高熱症といって手術中に高熱が出て、体が硬直し不整脈が出て死に至るような特殊な合併症もあります。しかし、現在では心電図、経皮的酸素飽和度測定器(血液中のヘモグロビンにどれだけ酸素が結合しているかを測定する器械)、呼気終末二酸化炭素分圧測定器(気道から吐き出す呼気中の二酸化炭素分圧から血液中の二酸化炭素分圧を推定する器械)、ディスポーザブルのカテーテルの体温計など患者さんに装着するだけでいろいろな情報が得られる様になり、異常を早期発見できるようになりました。動脈や心臓の中にカテーテルを挿入して血圧や心臓の機能を調べながら、また血液の中の酸素や二酸化炭素分圧を調べながら麻酔をかけることも可能になっています。