診療科

循環器内科

主な対象疾患・治療法・検査法

循環器科では 内科の病気の中で主に 心臓や血圧などに関わる病気を専門的に診療しています。 この領域で 診療することが多い病気は、以下のようなものです。 いずれの病気についても 生活習慣を見直して 体を傷めないように より長持ちするよう努力することが重要です。

高血圧症

血圧が高いことが 知らず知らずのうちに全身の血管をいためていきます。そのうちに 高血圧症を下地にして新たな病気(狭心症や心筋梗塞症など)を併発してしまうことになります。この病気で 症状を伴うことは少なく 主に検診やたまたま血圧を測定して初めて気がつくことが多いです。薬による治療が必要になることも多いです。

狭心症・心筋梗塞症

心臓の筋肉を養っている血管が 傷んで引き起こす病気です。胸が痛いと訴えられる方が多いです。冠動脈形成術という特殊治療が必要になることがあります。特に 心筋梗塞症は 生命に関わるため 迅速な対応が必要になります。

心臓弁膜症

心臓には弁があり 血液の流れを正しく制御しています。この弁が 正常に機能しなくなる病気です。薬で 弁膜症によって生じる病状をコントロールすることもあります。

心筋症

心臓の筋肉そのものの病気です。多くは薬で 病状をコントロールしますがカテーテルでの治療が可能な病状もあります。

不整脈

心臓の電気的な活動が不調になる病気です。治療の必要のないものから時には命に関わるものまでいろいろな不整脈があります。治療が必要な場合は 薬を用いることもあります。病状によっては 特殊治療(高周波カテーテルアブレーション)がよい場合もあります。

先天性心疾患

生まれた時すでに心臓に異常がある病気です。多くの場合は、すでに生まれた時や 学校検診で見つかっていることが多いです。