診療科

呼吸器内科

主な対象疾患・治療法・検査法

眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:SleepApnea Syndrome)は気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。 いびきや起床時の頭痛、日中の睡眠や倦怠感などの症状があります。 また、高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。 そのうえ、日中の眠気のために、交通事故や産業事故などを引き起こす可能性があります。 ですから、患者さまに合わせた、適切な検査と治療が必要です。


睡眠ポリグラフィー検査とは?

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには十分な検査が必要です。 睡眠時ポリグラフィー検査は、睡眠の状態を全体的に調べる検査です。入院して頂いて、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などの検査端子を体に取り付けて一晩寝ていただきます。痛みは全くありません。 当院では、外来で問診や簡単な検査をし、睡眠時無呼吸症候群と疑われる方には、日程を御相談し入院して当検査を受けていただきます。


治療方法は?

適切な治療を行うと日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり、改善することができます。 軽症の方は、減量や飲酒を控えるなど生活習慣の改善により症状が軽減したり、なくなることもあります。 中症?重症の方はCPAP療法が第一選択です。

CPAP(シーパップ)療法

鼻マスクから気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸をなくす治療法です。CPAP療法を受けていただく場合は、睡眠ポリグラフィー検査後さらに1?2日の入院が必要となります。 また、当検査後一旦退院し、後日CPAP治療を導入することも可能です。


肺炎、肺結核症

熱・咳・痰・息苦しさなどで受診されます。 肺炎の原因は、患者さまの年齢・状態によってもさまざまで、抗生物質の投与などを行います。慢性の咳、痰、微熱では、肺結核が発見されることもあり、一般の抗生物質では効果がなく、複数の抗結核薬の長期使用が必要になります。一般に2週間以上咳が続くときは、レントゲン検査を受けた方が良いといわれています。

気管支喘息その他、アレルギー性疾患

気管支喘息:夜間や明け方に息苦しくなり、喉がぜいぜいという発作を繰り返すのが典型的な症状ですが、咳のみが続くというタイプのものもあります。最近は気管支拡張薬(気管支を拡げる薬)の吸入・内服から、ステロイド吸入薬へと治療の主体が移ってきており、発作のコントロールがしやすくなっています。ステロイド吸入には、スプレータイプのものとパウダータイプのものがあり、専用の吸入器を用いて吸入します。

びまん性肺疾患(間質性肺炎・肺線維症 他)

間質性肺炎: 咳や熱・呼吸困難といった症状は一般の肺炎と似ていますが、レントゲンでは、すりガラス状の陰が見られ、原因不明のものも多い病気です。慢性に炎症を繰り返すと、肺が線維化して硬くなり(肺線維症)、慢性呼吸不全(慢性の酸欠状態)の原因になります。急性の状態では、ステロイド剤や免疫抑制剤の投与が行われます。

慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、肺結核後遺症など)

肺気腫 :体を動かした時の息切れ、慢性の咳・痰・喘鳴(喉がぜいぜいいうこと)などをきっかけに受診されることが多く、喫煙者に多いことも特徴です。レントゲン・CTでは、隙間が多く、伸びて大きくなった肺が見られます。禁煙を行い、去痰剤(痰を出しやすくする薬)・気管支拡張薬などを使用します。在宅酸素療法(自宅に酸素を作る装置を置き、携帯用酸素ボンベを持って外出する)を行うこともあります

肺腫瘍

大きく分けて原発性(肺が始まりであるもの)と転移性(他の臓器からの転移)があります。原発性は腫瘍の多くは肺がんと言われるものです。腫瘍の種類、病気の進行度、全身状態によって治療法が変わります。原発性肺がんの症状は咳、痰、胸の痛み、血痰(血の混じった痰)、呼吸困難感、発熱、嗄声(声がかれる)、リンパ節の腫れなどです。肺がん細胞の検出で診断を確定し、肺がんの広がりを検索して病気の進み具合を調べます。 転移性肺がんは他の臓器に原発した悪性腫瘍が、血液やリンパの流れに沿って転移したものをいいます。転移性肺がんは、呼吸器症状の乏しいことが多いです。

気胸

突然の呼吸困難、胸の痛みで受診されることが多く、入院をすすめて、びっくりされることの多い病気です。肺が破れること(気胸)が自然に起こることを、自然気胸といいますが、もともと肺の中に破れやすい所を持っていることが多いです。気胸が初めて起こった場合の多くは、縮んだ肺の外側(胸腔)に、胸腔ドレーンというチューブを入れて、肺から漏れ出した空気を逃がしてやり、肺が再び膨張して、傷がふさがるのを助けます。再発することも多く、破れやすい所を取り除く手術が必要になることもあります。

各種胸膜炎、膿胸

胸膜炎、膿胸:肋骨や筋肉の内側と、肺の外側は、胸膜という膜に覆われています。この膜に炎症などが起こると、胸膜に覆われたスペースに(胸腔)に、水(胸水)がたまります。この炎症を胸膜炎といいます。また、胸腔内に膿がたまった状態を、膿胸といいます。胸膜炎の原因はさまざまで、代表的な物に、細菌感染、結核、肺がんなどがあります。治療は原因によってさまざまですが、薬物の投与や胸腔ドレーン(胸腔に入れるチューブ)による排液などを行います。

CTガイド下生検

近年、男性ガンの死亡率のトップは肺がんです。特にその肺がんの早期診断に有効な検査です。CTの普及により、単純レントゲン写真では見えないような肺の小さな病変が見つかることがしばしばあります。そのような病変は気管支鏡検査でも診断がつかないことが多く、この検査ではっきりと診断をつけます。がんであれば、早期治療(手術)が生存率を高めることができます。また、転移性肺腫瘍などの手術は、CTガイド下に目印をつけることにより、切除部位を小さくすることができます。検査自体は、意外に苦痛の少ないことが多いです。

気管支鏡検査について

気管の中に細いファイバー(カメラ)を入れて行う検査です。 気管,気管支の中を観察できるほか、肺の生検(肉の一部をとってくること)、細胞の採取、洗浄などを行うことができます。 呼吸器病の診断に特に有用な検査です。肺がんや肺結核、間質性肺炎その他、胸のレントゲンやCTで異常の認められる場合に行います。