診療科

内科

糖尿病と糖尿病教室

現在内科では、生活習慣病のなかで、糖尿病の患者さまが多くを占めています。 糖尿病の患者さまは増加しています。現在700万人の患者さまがおられ、糖尿病の予備軍を入れればその数は倍になるといわれています。しかし治療を受けておられるのはその半分にすぎません。

日本人はインスリンの分泌がやや少ない遺伝的特性を持つ民族であるといわれ、生活様式の欧米化により、急激に増加しています。放置すれば症状が現れなくても合併症は進行します。

食事療法、運動療法が治療の基本です。これらが十分なされていても血糖が十分コントロール不能なときは薬物療法が必要となります。
多くの作用の異なる内服薬がありますし、インスリン治療が必要となることもありますが、必ずコントロール良好とすることができます。簡単な操作で自己注射できますし、家庭で血糖を知る簡易測定器もあります。自身の状態を正しく把握する事によって最良の治療法を選ぶことが可能です。

その病状の多彩さ、他の疾患との合併など特徴がみられ、眼科、泌尿器科、外科、形成外科、皮膚科の協力を受けてより一層の治療内容の充実を図りたいと思っています。また、これを治療し、進行を阻止するためには、医師、看護婦、栄養士、運動療法士、薬剤師、検 査技師等幅広い分野の人々が関わっていく必要があります。また食事療法、運動療法に対する患者さま自身の知識、意欲が不可欠であり、病院全体としてサポートしていく必要があります。

糖尿病は症状に乏しいため、正しく理解されていない場合があります。年一回の健診は必ず受け、疑わしいときは速やかに内科を受診してください。早期からの治療は、網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化症などの合併症を防ぎ、健常人と何ら変わらない生活を送ることが可能です。すでに合併症がある方には、その進展を阻止することが大切であり正しい知識が必要です。

糖尿病教室に参加しましょう

糖尿病を正しく理解していただくために、本院では関係するスタッフが協力して糖尿病教室を開いています。より多くの方々のご参加を望みます。糖尿病教室は糖尿病の自己管理を目的としており、患者さま同士や医療スタッフとの交流の場所です。日常生活の注意事項から治療までの幅広い内容が取り上げられています。食事を作られている家族の方々のご参加も歓迎したします。

  糖尿病教室
第一土曜日
  • 糖尿病について(総論) :内藤医師
  • 日常生活の注意 :外来看護婦
  • 合併症、特に網膜症について: 眼科医師
第二土曜日
  • 食事療法:管理栄養士
  • 糖尿病の運動療法:理学療法士
  • 糖尿病の治療薬:薬剤師
  • 相談コーナー :外来看護婦、内藤医師