診療科

内科

生活習慣病

発症の原因が日常の生活そのものの中にある疾患を指します。生活習慣・社会環境等の多くの原因と遺伝的素因がからまり、さらに加齢も加わって体をむしばんでいきます。

3~40歳代に出現しますが、より若い世代にも影響はすでにでています。
自覚症状がないままに、知らず知らずの間に進行し、症状が現れるのはは、脳・心血管障害であり、死につながることもあって、サイレントキラーとも呼ばれています。

これらの予防のためには、早期発見につながる定期健診が必要です。
当院でも一般健診、企業健診、老健法健診を内科系診療科が担当し住民の健康管理に貢献しています。

生活習慣病には予防が大切

日本人の死因統計をみると、ガンによるものが一番であり、脳卒中、虚血性心疾患がそれに続きます。
肺がん、大腸がんなど増加しているものもありますが、胃がん、子宮がんによる死亡率は、健診の普及に従って減少しています。

脳卒中、虚血性心疾患は動脈硬化がもとにあって発病します、
その進行をおさえるためには基礎疾患を治療することが重要です。高血圧症、糖尿病、高脂血症(コレステロール値が高い)、高尿酸血症、肥満といった生活習慣病を早く発見し予防、治療することが大切です。

また、生活習慣病には悪性腫瘍、肝臓病、骨粗鬆症なども含まれます。
過食、運動不足、たばこ、ストレス、飲酒などがこれらの疾患の原因・増悪因子であるということは、生活習慣そのものの改善がとりもなおさず予防につながるということなのです。その努力とともに、自身の健康状態を知り、早期の治療を始めることが大切です。機会を逃さず、健康診断を積極的に受け、定期的に続けることにより、健康の自己管理をしていこうではありませんか。