診療科

消化器内科

消化器内科の検査法

消化器内科が診断・治療を行う臓器は、食物が直接通過する消化管(食道・胃・小腸・大腸)と消化管と密接に関係する臓器(肝臓・胆道・膵臓)に大別されます。

消化管の診断には、胃および大腸内視鏡検査が重要な役割を果たしています。一般に、内視鏡検査は、苦痛が多いものと思われていますが、前処置の工夫と機器の進歩により、以前よりかなり苦痛の少ない検査となっています。当院では、検査直前に軽い麻酔剤を使用することで、不安を解消し、検査の苦痛を減らすように工夫しています。 胃・大腸内視鏡検査は、小さな病変を見つけることが可能で、病変部から組織を一部採取し顕微鏡で調べること(生検)で、より正確な診断を行います。早期の胃がんや大腸がんは、症状がなく検査で偶然に発見されることがほとんどです。早期がんの発見には、定期的に検査をうけることが重要です。

肝臓・胆道・膵臓の診断には、腹部超音波検査・CT・MRI・ERCP・腹部血管造影などを行っています。 腹部超音波検査は、苦痛がなく簡単に行える検査で、腹部の診断には非常に有効です。超音波検査の結果を参考に、CTなどを用いより詳しく検査を行います。 最近では医療技術の向上により、内視鏡的治療の範囲や超音波装置を用いた治療が飛躍的に広がってきています。当院でも、内視鏡や超音波検査装置を用いた検査や治療を数多く行っています。

胃内視鏡検査

食道・胃・十二指腸を観察します。胃潰瘍、胃がんなどの診断に有用です。最近は、診断だけでなく治療にも幅広く用いられています。ポリープに対するポリペクトミーや早期胃がんに対する粘膜切除(EMR)によりがんの早期治療が行えます。胃・十二指腸潰瘍からの出血に対する止血術や、食道静脈瘤出血に対して静脈瘤結紮術(EVL)や硬化療法(EIS)を行っています。

大腸内視鏡検査

肛門よりスコープを挿入し全大腸および小腸の一部(回腸末端)を観察することができます。以前はかなり苦痛の多い検査でしたが、腸管洗浄液による前処置と内視鏡機器の進歩により、かなり改善されてきています。炎症性腸疾患や大腸がんの診断に用いられます。治療は、大腸ポリープに対するポリペクトミーを行っています。

腹部超音波検査

お腹にゼリーを塗り、探触子をあて、腹部臓器を調べる検査で、全く苦痛がありません。主に肝・胆・膵・脾・腎を検査しますが時に胃・小腸・大腸の病変の発見に役立つこともあります。C型慢性肝炎などに対する肝生検は、超音波装置を用い安全に行えます。また、治療にも幅広く用いられ、肝臓がんに対するPEITや閉塞性黄疸に対するPTCDなどを行っています。

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影術)

胆道(胆嚢・総胆管・肝内胆管)や膵臓の病気の診断や治療に、よく行われる検査です。内視鏡を用いた検査で、十二指腸乳頭部より造影チューブを挿入し、胆道・膵管を造影し、レントゲン撮影をおこないます。主に、胆管・膵臓の悪性腫瘍や胆石・慢性膵炎の診断に用いられます。また、ERCPを用い、総胆管結石の治療(EST・EPBD)や閉塞性黄疸の治療(ENBD・ERBD・STENT留置術)を行っています。

腹部血管造影

最近では、診断のみに行われることは少なく、消化器内科では主に肝細胞がんに対する治療(TAE)を行っています。