診療科

消化器内科

消化器内科の検査法

消化器内科が診断・治療を行う臓器は、食物が直接通過する消化管(食道・胃・小腸・大腸)と消化管と密接に関係する臓器(肝臓・胆道・膵臓)に大別されます。

消化管の診断には、上部消化管内視鏡検査および大腸内視鏡検査が重要な役割を果たしています。一般に、内視鏡検査は、苦痛が多いものと思われていますが、前処置の工夫と機器の進歩により、以前よりかなり苦痛の少ない検査となっています。当院では、検査直前に鎮静剤を使用することで、不安を解消し、検査の苦痛を減らすように工夫しています。 胃・大腸内視鏡検査は、小さな病変を見つけることが可能で、病変部から組織を一部採取し顕微鏡で調べること(生検)で、より正確な診断を行います。早期の胃がんや大腸がんは、症状がなく検査で偶然に発見されることがほとんどです。早期がんの発見には、定期的に検査を受けることが重要です。

肝臓・胆道・膵臓の診断には、腹部超音波検査・CT・MRI・ERCP・腹部血管造影などを行っています。 腹部超音波検査は、苦痛がなく簡単に行える検査で、腹部の診断には非常に有効です。超音波検査の結果を参考に、CTなどを用いより詳しく検査を行います。最近では医療技術の向上により、内視鏡的治療の範囲や超音波装置を用いた治療が飛躍的に広がってきています。当院でも、内視鏡や超音波検査装置を用いた検査や治療を数多く行っています。

上部消化管内視鏡検査

食道・胃・十二指腸を観察します。胃潰瘍、胃がんなどの診断に有用です。最近は、診断だけでなく治療にも幅広く用いられています。ポリープに対するポリペクトミーや早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)によりがんの早期治療が行えます。胃・十二指腸潰瘍からの出血に対する止血術や、食道静脈瘤出血に対して静脈瘤結紮術(EVL)や硬化療法(EIS)を行っています。

大腸内視鏡検査

肛門よりスコープを挿入し全大腸および小腸の一部(回腸末端)を観察することができます。以前はかなり苦痛の多い検査でしたが、腸管洗浄液による前処置と内視鏡機器の進歩により、かなり改善されてきています。炎症性腸疾患や大腸がんの診断に用いられます。治療は、大腸ポリープに対するポリペクトミーを行っています。

腹部超音波検査

お腹にゼリーを塗り探触子をあて腹部臓器を調べる検査で、全く苦痛がありません。主に肝・胆・膵・脾・腎を検査しますが時に胃・小腸・大腸の病変の発見に役立つこともあります。C型慢性肝炎などに対する肝生検は、超音波装置を用い安全に行えます。また、治療にも幅広く用いられ、肝臓がんに対するPEITを行っています。

ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査)

胆管や肝臓にできる病気(がん・結石・炎症など)を見つけた場合に行う検査です。口から内視鏡を挿入し、十二指腸にある乳頭部という胆管・膵管の入口まで進めます。乳頭部から胆管や膵管に造影チューブを入れ、造影剤を注入しレントゲンを見ることでがんや結石がないかを調べます。組織の一部を採取して、病理(顕微鏡でみる)検査に提出したり(生検)、胆汁や膵液を採取する(細胞診)こともあります。
治療が必要と判断した場合、内視鏡的胆道ドレナージ術(ERBD・ENBD)や内視鏡的乳頭切開術(EST)、バルーン拡張術(EPBD)を引き続き行います。

EUS(超音波内視鏡検査)

超音波検査には2種類あり、
①内視鏡の先端から細い超音波の機械を出して検査する方法で、比較的近いところしか見えません。食道・胃・大腸などの表面から見えない腫瘍(粘膜下腫瘍)や、癌の深さを検査します。
②内視鏡の先端に超音波の装置が搭載された専用の内視鏡で検査する方法です。通常の画像検査では診断することのできない膵臓・胆嚢・胆管の早期がんなどの小さな病気を発見するための検査です。体表面からの腹部超音波検査と違い、消化管の空気や脂肪などにより画像が不鮮明になることがないため、最近では小さな早期の膵癌も発見できるようになってきています。カメラが通常の胃カメラよりやや太いので、麻酔をかけて点滴をしながら検査を行います。

EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引法)

EUSで観察された病変に針を刺して、細胞や組織を採取する検査法です。この検査は注射を刺す程度の太さの針で直接病変を刺すことで腫瘍の細胞や組織を得ることができる検査です。細胞や組織は病理検査を行い腫瘍の確定診断が可能となります。検査を行う対象となるのは消化管から観察が可能な病変(消化管疾患に限らず)で、具体的には①膵腫瘤性病変、②消化管粘膜下病変、③後縦隔腫瘤・腫大リンパ節、④腹腔内腫大リンパ節などです。現在では世界的に普及している内視鏡的手技です。この検査を行う場合は経過観察のため一泊入院が必要になります。
外科的な開腹・開胸生検と異なり、皮膚に傷も残らず、翌日から食事も可能で体に負担の少ない検査です。  以下の場合は、手技に伴う危険が大きく、一般的に検査ができません。①出血傾向がみられる方、②病変が明瞭に描出できない・穿刺ライン上に血管や癌が介在するなどの手技的問題がある場合です。これらの項目を慎重に評価した上で、実際の検査にあたっています。
 

偶発症(合併症):EUS関連の検査では稀に出血・穿孔・ショックなどの偶発症を起こすことがあります。全国集計では偶発症の頻度は0.024%です。EUS-FNAで組織を採取した際には出血・感染・穿孔・膵炎・消化管穿孔(腸に穴が開くこと)・腹膜播種(悪性腫瘍がお腹の中に散らばること)などの偶発症を起こす場合があり、その頻度は0.5~2.5%とされています。その際には追加の治療や入院の延長・緊急手術などの可能性があります。

腹部血管造影

最近では、診断のみに行われることは少なく、消化器内科では主に肝細胞がんに対する治療(TAE)を行っています。