病院案内

ごあいさつ

生きるよろこび

理事長

この病院で療養される方々が「生きる喜び」を感じてくださるような、そんな医療施設でありたい......。

これが病院名「石切生喜」の由来であり、当病院の院是でもあります。
また、職員はこの病院で療養される方々と「生きる喜び」を共有したい、というのが石切生喜病院で働くもののモットーであり基本姿勢です。

地域医療への歩みと高度医療への挑戦

医療は教育と同じように人間の社会にとって欠くことのできない機能ですから、本来地域社会と密接な関連をもっています。したがって病院の性格は地域のニーズによって決められていくものだと思います。

石切の地に誕生した私たちの病院は、当初から、運営の理念に「地域医療」を掲げてきました。 このことはしかし、地域医療では高度の医療が不要であるかのような疑問を投げかけています。皆さま方が地域社会にあって、必要な時いつでも高度医療を受けることができてはじめて公平な国民医療が確保できるといえます。

このような観点に立って私たちは常に、地域医療と高度医療の融合を最大目標に置いてきました。

私たちは医療のハード面...医療設備の一層の拡充と、ソフト面...医療スタッフの充実、強化を図り、さらに医療システムの改革を果たし、皆さまに満足いただける病院づくりに邁進いたします。