患者さまへ

大阪府がん診療拠点病院

大阪府がん診療拠点病院について

平成23年3月に大阪府がん対策推進条例が制定され、第八条で、がん診療連携拠点病院(国指定)の整備と、それに準じる大阪府がん診療拠点病院(府指定)の整備を推進するものとされました。

それに従い、大阪府内16病院が、がん診療連携拠点病院に指定され、44病院が大阪府がん診療拠点病院に指定され、がん診療にあたってきました。

その後、がん治療拠点としての役割の増加および拠点病院に求められる機能の多様化などにより、昨年度、国においても新たながん診療提供体制のあり方を提示し、人材配置、診療実績要件の強化、相談支援体制の充実など、更なる質の向上が計られました。

具体的には

化学療法室のご案内
今般、大阪府においても、平成27年4月1日付けで新たな国基準に準じた充実・強化新基準による、がん診療拠点病院の認定がなされ、石切生喜病院は平成27年4月1日を持ってこの新基準をすべて満たす大阪府がん診療拠点病院に指定されました。

我が国に多い五大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん)をはじめ、婦人科領域、泌尿器科領域のがん治療に、従来にもまして積極的にあたっていきます。そしてがん診療拠点病院として各医療機関と相互に連携をとりながら、がん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケア、がん患者・家族に対する相談支援体制の向上、がんに係る各種情報の収集・提供につとめ、地域のがん医療のがん医療の推進に寄与して行きます。

当院のがん治療診療科

緩和ケア

 当院には緩和ケアをチームで担う緩和ケアチームが設置されており、医師、看護師、薬剤師等で構成されており、がん性疼痛管理認定看護師を中心に病棟、外来患者さんに対する緩和ケア、がん性疼痛鎮痛対策をチームで行っています。

 また相談センターには医療ソーシャルワーカーを4名配置し、がん患者さん、およびそのご家族に対して各種相談に応じています。

緩和ケア研修会

 緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者さんとその家族に対して、身体的苦痛・心理社会的苦痛・スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処を行う事によって苦しみを予防し、和らげる事でQOLを改善するアプローチです。
 そして、国においても「がん対策推進基本計画」において、緩和ケアについては「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」を重点的に取り組むべき課題として位置づけており、がん患者さんとその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするため、身体症状の緩和や精神心理的な問題への援助などが、終末期だけではなく治療の初期段階から積極的な治療と並行して行われる事を求めています。
 また、がん医療に従事するすべての医師が緩和ケアに関する基本的な知識、技術を身につける必要性から、がん診療連携拠点病院の指定要件として「プログラム」に準拠した「緩和ケア研修会」を定期的に実施する事が求められております。
 石切生喜病院においても今回大阪府がん診療拠点病院に指定された事から、この緩和ケア研修会を来年度から定期的に開催するべく準備を進めています。

 平成27年6月現在、この講習会を受け終了証書を得たものは、麻酔科:河島 朗、外科・消化器外科:大野 耕一、山本 隆嗣、呼吸器外科:西田 達、藤井 祥貴、脳神経外科:永田 崇、呼吸器内科:篠木 聖徳 の7名ですが、来年度以降は飛躍的にその数は増えるものと思っております。

セカンドオピニオン外来

 セカンドオピニオンとは今かかっている病気や、その治療に関し、より深い知識、より良い決断をする為に当事者以外の専門的な知識も持った第3者に意見を求める事です。

 当院には常勤医師として各学会の指導医、専門医が多数そろっており各種がんに関する相談を完全予約制で受け付けています。

»セカンドオピニオン外来について詳しくみる

院内がん登録

 2015年実績(PDFファイル)