患者さまへ

緩和ケアについて

緩和ケアとは?

がんは、日本人の死因で最も多い病気です。現在、3人に1人ががんで亡くなっています。がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

緩和ケアの内容

痛みなどのつらい症状を取り除くケア

  1. 痛みを取り除く
  2. 痛み以外の様々な症状を取り除く

日常生活を取り戻すケア

  1. 食事を楽しむケア
  2. 苦痛や不快感を最低限にするための排泄のケア
  3. 夜にぐっすり眠れるようにするケア
  4. 好きな姿勢をとったり、自然な体位や寝返りをうつケア
  5. からだをきれいに保つケア
  6. 患者さんにとって心地よい環境を提供するケア

がんによる不安をやわらげ、元気になるケア

ご家族へのケア

がんと診断されたことによる社会的差別(就職・解雇問題など)への対応について、スタッフが一緒に考えます

ご自宅でも、緩和ケアを受けられるようにする


以上の緩和ケアによって、がんと共生することを可能にします。


当院の緩和ケアチームについて

チームのメンバーは各科医師、看護師(がん性疼痛看護認定看護師、病棟リンクナース、外来看護師)、薬剤師、セラピスト、栄養士、地域連携室と多職種から構成されます。定期的に病棟回診やカンファレンスを行い、治療方針だけでなく、心理的ケアや家族へのケア、また社会的支援の必要性についても検討しております。また月2回、精神科医師が来院するので、心理的・精神的な問題があれば相談・受診が可能です。

当院の緩和ケアチームの役割

当院では多数のがん患者さんが治療を受けております。早期発見されほぼ完治できる状態から、進行がんで有効ながん治療がなくなった状態の患者さんまで、幅広いステージにわたります。どのような状態でも緩和ケアを受ける適応ですが、①がんによる痛みなどの症状がある患者さん、②経済的・社会的な支援が必要な患者さん、③心理的に不安が強い患者さんは特に緩和ケアが有用であります。緩和ケアチームの仕事は、患者さんが安心してがん治療を受けられるようサポートすることです。ご希望があれば、どなたでも緩和ケアチームを利用できます。その際は主治医にご相談いただければ、入院中であれば緩和ケアチームに、外来通院中であれば窓口となる緩和ケア外来(火・金の午後)に紹介いたします。

当院には緩和ケアに特化した病棟はありません。もし、がん患者さんでホスピス(緩和ケア病棟)や在宅診療での緩和ケアを希望される場合は、当院の地域連携室と協力し、円滑に緩和ケア病棟への転院や訪問診療医の紹介ができるよう協力させていただきます。遠慮なくお尋ねください。

石切生喜病院 緩和ケアチーム