診療技術部

薬剤室

薬剤室
薬局長
:斉藤 慶美
薬剤科長
:白髭 吉朗

1日の流れ

外来・入院調剤など

8:30

出勤

9:00

外来・入院調剤
抗がん剤混注
病棟
外来化学療法室など

お昼休憩

12:00

お昼休憩
外来・入院調剤・注射調剤
高カロリー輸液混注
病棟など

チーム医療活動

15:00

発注業務・予製の作製
チーム医療活動

17:30

帰宅(夜診当番以外)

20:00

夜診(ローテーションで月6回程度)


業務会議

チーム医療活動

毎週月曜日16:30から、薬局内で業務会議を行っています。薬局内で改善点を考え、日々の業務の効率化を図っています。


調剤室

内服薬調剤

内服薬調剤

当院では、患者さまの身体的・精神的負担軽減のため、外来処方箋をほぼ100%院内で調剤しています。


注射薬調剤

注射薬調剤

入院患者さまの点滴・注射薬を用法・用量、相互作用、投与経路、配合変化などを確認し、患者さま別に1日分をトレイにセットして各病棟に払い出しています。


混注業務

混注業務

高カロリー輸液と抗がん剤の混注業務を行っています。
抗がん剤に関しては、がん化学療法レジメン登録審査委員会を月1回開き、承認されたレジメンについてのみ薬剤師が混注しています。


発注業務

当院では、臨時採用薬品を除き、全ての正規採用薬品に発注カードを取り付けることにより発注業務の効率化を図っています。

DI業務

DI業務

DI担当者は、PMDAやその他のホームページ、製薬会社のMRさんの訪問によって得た情報を収集、加工し院内に発信しています。また、毎月15日に薬局ニュースを作っています。新規採用になった薬の情報や薬の比較をまとめ、薬剤師だけでなく他の医療スタッフにも理解してもらえるように心がけています。


その他年に4回程度、新たに薬価収載された新薬の情報も院内に発信しています。
医師や看護師からの質問やその回答はその都度パソコンへ入力し、いつでも見返すことができるようになっています。過去に同じような質問があった時や、関連した薬の質問の時に役立っています。
『情報を素早く収集し、共有すること』を目標に毎日業務を行っています。

病棟・チーム医療

病棟業務

DI業務

持参薬の検薬、病棟内服薬カートセット、内服薬の配薬、服薬指導などを行い、入院患者さまの薬物治療が適切に行われるよう努めています。


チーム医療

緩和ケアチーム

緩和ケア業務には2名の薬剤師が従事し、鎮痛薬の正しい使用方法、副作用、他の薬との相互作用等をチェックしています。
また、医療チームとして、月に1回のカンファレンスとラウンドを行い、薬の観点から患者さまの疼痛緩和に協力しています。

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)は、最適な栄養療法を提供するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など職種を超えて構成された医療チームです。
NSTの取り組みの一つとして、当院では月に2回、全体カンファレンスを開いています。 入院の栄養状態の評価を行い、より良い栄養療法や投与経路などを検討します。薬剤師は主に処方内容の確認、輸液製剤・経腸栄養剤と薬剤の相互作用などの確認を行います。NSTの活動により、栄養状態の改善、治療効果やQOLの向上を目指しています。

感染対策チーム(ICT)

当院には院内感染防止委員会およびICT(Infection Control Team)が存在し、薬剤師もメンバーの一員となっています。薬剤師は主に抗菌薬の用量、用法、使用期間などを確認し、副作用を最小限にしながらより高い治療効果が得られるよう、処方提案を行っています。
また、院内ラウンドや他施設との合同カンファレンスへの参加、抗菌薬の使用状況(AUD・DOT)の把握、アンチバイオグラムの作成なども定期的に行っています。

心臓リハビリテーション

当院では、心臓リハビリテーションにおいて、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床検査技師がチームの一員として関与しています。薬剤師は月に2回カンファレンスに参加し、患者さまの運動療法の状況、食事、処方薬などについて多職種で情報交換を行っています。また心不全に対する理解を深めるため、多職種で勉強会を定期的に行っており、薬に関する情報提供を行っています。



外来化学療法室

外来化学療法室には薬剤師が1名常駐しており、抗がん剤調製や患者さまへ化学療法の投与スケジュールや副作用などの説明を行っています。
また、がん化学療法運営委員会・がん化学療法レジメン登録審査委員会にも出席し、レジメン登録に必要な文献の収集や査読、レジメン管理業務も行っています。



糖尿病教室

入院患者さまを対象に医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士が糖尿病の病態や合併症・治療法(食事療法・運動療法・薬剤)についての講義を行っています(2週間おきに5日間実施)。
薬剤師として、患者さまに使用される薬剤の特徴や注意点、低血糖やシックデイなどの理解を深めていただき、適切な血糖コントロールにつながるよう努めています。


新人教育・学生教育

勉強会

DI業務

月1回、薬局主導で医局・薬局勉強会を開催しています。その他輸液や癌についても製薬会社のMRさんに講義をして頂いています。また、院外の勉強会にも積極的に参加しています。


新人教育

DI業務

毎年教育係を中心に、3か月後に日曜日の1人当番ができるように教育していきます。調剤業務、注射業務、TPNの混注業務などをローテーションで指導します。またできていない点が一目でわかるようチェックリストを作成し、重点的に指導できるようにしています。
新人を薬剤師全員が見守りながら、業務に慣れていけるようにしています。


学生教育

DI業務

当院は薬学生長期実務実習受入施設で、薬学生の病院実務実習を受け入れています。
実習期間中には実務実習モデル・コアカリキュラムに基づいて薬剤師として求められる基本的な資質を身に付けてもらうのはもちろんですが、臨床での実践的能力また社会人・医療人としてのコミュニケーション能力を身に付けてもらえるように指導しています。
『好きこそものの上手なれ』をモットーに『病院薬剤師を好きになってくれる』事を目標にしています。
厳しい実習が良い実習とは限りません。カリキュラムに沿っただけの実習ではなく、様々なことが経験でき、楽しんで実習を行えるように努めています。

実習カリキュラムの中には、下記のような実習内容も組み込んでいます。


学会発表・イベント

学会発表

DI業務

学会にも積極的に参加しています。


イベント

当院全体イベントのBBQやボーリング大会に参加したり、薬局で遠足などを企画したりしています。




認定薬剤師